2011年04月02日

活かされなかった1億の精子のために・・

昨日A-Studioで桐谷健太が、
俺が頑張んなきゃ活かされたなかった1億の精子に悪いでしょ、
と言っていた。
だから頑張る!と。

思わずファンになったハートたち(複数ハート)




posted by Mimoza at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンネスonenessを意識する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

ワンネスoneness

ワンネスonenessについて力強く説明された本がある。
「ザ・モーゼス・コード」である。

ワンネスonenessとは、
自分はすべてのものと繋がっている、
という意識構造のこと。

ここで説明するよりは、
この本の監修・訳をされたブレンダさんのインタビューが、
ポッドキャストで聴けるので、聴いてみてください。
 * ブレンダさん:EFT-Japan代表

その前にちょっとばかり予習を。

「ザ・モーゼス・コード」とは聖書に出てくる、
モーゼのことで、コードとは暗号のこと。

その暗号とは、
I am that, I am.
「that」というのは「それ」。
「それ」というのは「すべて」を差す。
私はそれなのです、私は!
そう、私はすべてなのです!
・・というところでしょうか。

ここで重要なのは、
I am that I am.
ではなく、
I am that, I am.
であり、
「,」が大切なのだとブレンダさんは強調されてます。

* 「ザ・モーゼス・コード」(春秋社のサイト)

いくつかのインタービューの中で、
ワンネスについて、
他の人が理解していく過程を紹介し、
とてもわかりやすく説明されているので、
ぜひお聴きくださいね。

勇気もゆったりとしたおおらかな気持ちも沸いてきますよ!



posted by Mimoza at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンネスonenessを意識する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。