2011年08月17日

暑い夏に:ペットに冷たいヒーリング補足

被毛が厚くて、ちゃんと気が届いているか心配な場合は、

☆1.
耳に指先を向けて、陰の気を当てて見てください。
耳は毛細血管が皮膚から透けて見えているくらいですから、
血液を冷ましてやれば、身体に行きわたりますね。

☆2.
ペットが逆毛を立てられても気にしないのであれば、
毛を開けて、皮膚を出してそこに指先を向けてもいいでしょう。

これは人間にでも、有効なことですが、
身体から5cmくらい離れたところ
・・一番目に見えやすいオーラの部分を、
櫛で梳くように、指先を向けて梳いてやるといいでしょう。
背中などの、見えているところいいので、
まんべんなく梳いてやり、それから指先を向けてヒーリングします。
(注)陽の気の場合は、手のひらで、です。

☆3.
でもほとんど心配ご無用です。
あなたのハートからの気持ちがペットをヒーリングできています。
なにせ「気」ですから。
気は心、といいますよね。
回数を重ねれば、当然スキルはアップしますから、
3回くらいまでは、不安だし退屈だと思うかもしれませんが、
そこはペットのために我慢して、乗り越えてください。


posted by Mimoza at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットへのヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

暑い夏に:ペットに冷たいヒーリング

1.ペットへの冷性ヒーリング
足から吸い上げた陰の気を、
手の指先から出して、ペットに当てます。
足元からの陰の気の吸い上げ方はこちら

まず10回ほど吸い上げ練習をして、慣れてきたら、
指先から出る気を実感してみてください。
片方の手の平に、もう一方の手の指先を垂直に向けます。
指先から涼しい風が吹いてくるのを感じませんか。
両方の手で試してみてください。
確認で来たら、両手の指先をペットに向けます。

足から陰の気を吸い上げるイメージをずっと持ち続けます。
時間を決めてもいいですし、
呼吸とシンクロさせて、20回と決めてもいいです。
最初は、5分くらい、呼吸なら15回くらいから始め、
慣れてきたら、10分、あるいは20-30回、と増やしていきます。

すっかりマスターしたら、
テレビを見ながらでもできるようになります。

エアコンの部屋でやってるご本人が冷えてきてしまったら、
今度は頭の天辺から陽の気を入れたり、
それがうまくいかなかったら、お風呂に入ったりして、
温めてくださいね。
うっかりすると結構冷えてしまうものですから。

何回か繰り返すとわかってくることですが、
明らかにペットの様子が変わってきます。
やってー、と言いに来たり、
なにより食欲も増して、元気になります。

猛暑を、冷性ヒーリングで、
人間もペットも快適に乗り切りましょう。

posted by Mimoza at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットへのヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。