2014年04月04日

「トスカーナの休日」を観た

 離婚され、失意のどん底にいたフランシスは友達に薦められて旅に出た。行った先はトスカーナ。彼女はそこで売りに出されていた家を衝動買いする。恋人が欲しい、家族がほしい、と願う彼女に、その家を仲介した友人は、信じることさ、と言われ、なんとなく信じた。いや、信じた振りをしていただけなのだけど、願いは叶った。気がつけば思いもよらない幸せな風景が自分を取り囲んでいた。全てが願った言葉通りになったのである。しかも言葉通りとはいえ、想像だにしなかった幸福な現実だった…掴んでみなければわからない、本物の幸せ。信じたがゆえの賜物なのである。

こうなればいいな、と思いながら、
こうしなさい、されば救われます、
と言われながら、
そうは言っても・・と思いがちな人必見の、
示唆に富んだすばらしい映画でした。
はっぴ〜晴れ黒ハート晴れ

フランシスコ・メイズ:監督
オードリー・ウエルズ:脚本
ダイアン・レイン:主演
原作「Under the Tuscan Sun」
2003年アメリカ・イタリア合作映画
posted by Mimoza at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 天使との会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。