2011年09月13日

満月パワーで酔った身体には

昨日は満月だった。
中秋の名月のこの時期にきれいな満月が見られるのは、
なんと6年ぶりのことらしい。

エネルギーが満ちてきている数日前から、
身体の節々が痛く、昨日は断続的に頭痛がし、
今日は身体がだるく、何もする気がしない。
ひどく疲れを感じて、
クライアントさんにエネルギーを送らなければならないのに、
どうにも集中できない。
こうなってくると、
能力が落ちてしまったかと不安になってもくる。

部屋を見渡せば、
数日前から片付けてない本や書類があちこちに溜まり、
ごちゃごちゃしていて、もう嫌だ、引っ越したい!
とやけを起こしてしまう。

こういうときには、腹をくくるべきなのだ、
ということを思い出したのはせめてもの幸い。

ノルマはいろいろあるけれど、どうせできないので、
瞑想するに限ると思い、ソファに座って目を閉じた。
集中できてもできなくてもいいのである。
目さえ閉じて入れば。
眠ってしまってもかまわない。

目を閉じてみると、
ありがたいことに落ち着いてきた。
これならいけると思い、
天上に設定した自分の太陽から、
陽がさんさんと降ってくるのをイメージし、
そのイメージを浴びる。

頭上から降ってくる陽の光が、身体全体を洗い流していく。
よーし、いいぞいいぞ、その調子。
あとは呼吸と共に、
頭のてっぺんから入ってくるエネルギーが、
身体全体を通って出ていくことに集中するのみである。

どのくらい時間が経ったのだろう。
思いのほかハマれた。
これで回路が復活したらしく、
クライアントさんに送れる、
という自信が出てきた。

大天使ラファエルとハイヤーセルフにサポートしてもらい、
無事、エネルギーを送ることができた。
やれやれ。

とにかく座って目を閉じる。
そしたら希望が開ける。
肝に銘じておこう。

posted by Mimoza at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。